「行政書士オフィスプロミネンス」では、外国人従業員の就労ビザ申請が必要な全ての企業・個人事業主様へサービスを提供しております。

トール先生のココだけの話

 

下記のような方に、当事務所のサービスをご活用いただけます。

    お悩み人手不足の解消や業務のグローバル化で外国人を労働者を採用したいが、どのようにしていいか分からない。

    お悩み在留資格(VISA)についての知識や経験がない。

    お悩み外国人のビザの管理について不安がある。

    お悩み外国人をめぐる法律問題について知りたい。

    お悩み在留資格について相談できる専門家がいない

    人手不足の解消や業務のグローバル化で外国人を労働者を採用したいが、どのようにしていいか分からない。

    ① ハローワーク等を利用する。
    ハローワークが運営する東京、名古屋、大阪外国人雇用サービスセンターを拠点に、卒業後に我が国での就労を希望する留学生や専門的・技術的分野の外国人に対し、職業相談・職業紹介を行うとともに外国人を雇用する事業主等に対し雇用管理指導・援助等を行っています。

    ② 有料・無料職業紹介事業者を利用する。
    外国人を専門に人材紹介を行っている会社は多数ありますので、そのような外国人に特化した会社を利用するのも一つの手段です。
    当事務所では、外国人の人材紹介事業されている事業者様をご紹介させていただくことも可能です。

    ③ 留学生を採用する。
    留学生の卒業後の進路は様々ですが、日本での就職を希望する外国人も沢山いらっしゃいます。外国人留学生は非常に優秀な人材が多いですし、とても勤勉です。
    外国人留学生採用を支援する団体が「合同説明会」などを企画・運営しておりますし、外国人留学生を多く受け入れている学校は、留学生の就職支援に力を入れています。そのような大学、専門学校などにコンタクトしてみることも外国人の採用につながります。

    在留資格(VISA)についての知識や経験がない。

    現在、在留資格には、27種類あります。就労ができるかどうかに着目すると次の3つに分類することが可能となります。
    ですので、外国人の方を雇い入れる際には、就労が認められるかどうかを確認してください。

    (1) 在留資格に定められた範囲で就労が認められる在留資格18種類

    外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習、特定活動(ワーキングホリデー、EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士、ポイント制等)

    なお、一般の事務所での雇用のケースが多いと考えられるものは次の4種類です。
    技  術…………………コンピューター技師、自動車設計技師等

    人文知識・国際業務……通訳、語学の指導、為替ディーラー、デザイナー等

    企業内転勤………………企業が海外の本店又は支店から期間を定めて受け入れる社員
    (活動は、「技術」「人文知識・国際業務」に掲げるものに限る。)

    技  能…………………中華料理・フランス料理のコック等

    (2) 原則として就労が認められない在留資格 5種類
    文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在
    「留学」及び「家族滞在」の在留資格をもって在留する外国人の方がアルバイト等の就労活動を行う場合には、地方入国管理局で資格外活動の許可を受けることが必要です。
    資格外活動の許可を得れば、「留学」の在留資格をもって在留する外国人の方については原則として1週28時間まで就労することが可能となります。また、「留学」の在留資格をもって在留する外国人の方は、その方が在籍する教育機関が夏休み等の長期休業期間中については、1日8時間まで就労することが可能となります。これらの就労は包括的に許可されますが、教育機関の長期休業期間等、具体的な許可の範囲については、「資格外活動許可書」により確認することができます。
    また、資格外活動の許可を得れば「家族滞在」の在留資格をもって在留する外国人の方についても、原則として1週28時間まで就労することが可能となります。事業主の方は、これらの在留資格を有する方を雇用する際には、事前に「旅券の資格外活動許可証印」又は「資格外活動許可書」などにより就労の可否及び就労可能な時間数を確認して下さい。
    なお、これらの方にあっては、風俗営業等に従事することはできません。

    (3) 就労活動に制限がない在留資格 4種類
    永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者
    これらの在留資格をもって在留する外国人の方は就労活動に制限はありません。「短期滞在」の在留資格により在留している日系人の方は、地方入国管理局において在留資格の変更の許可を受けないと就労できません。

    外国人のビザの管理について不安がある。

    当事務所では、外国人従業員様の在留資格(VISA)の更新についての管理も承っております。更新が近づきましたら、更新手続きのご案内をご連絡させていただき、期間切れとなり不当滞在とならぬようにサポートさせて頂いております。

    外国人をめぐる法律問題について知りたい。

    当事務所では、外国人をめぐる法律問題について様々な事例について情報収集を欠かさず行っております。
    外国人における諸問題は多種多様に存在します。その法律問題についての解決に向けてもしっかりとサポートさせていただきます。

    在留資格について相談できる専門家がいない。

    この三重県南勢地区は、この先、間違いなく外国人労働者に頼らなければならない事態が増えてくるでしょう。にもかかわらず、在留資格について気軽に相談できる専門家がとても少ないように感じます。気軽に相談できる存在になれるように日々精進していきます。

    ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。


    在留資格(VISA)認定申請手続きについて

    ポイント1就労系在留資格申請手続きのポイント

    ポイント1身分系在留資格申請手続きのポイント

    ポイント1特定技能申請手続きのポイント

    お客様の声

    現在調整中

    現在調整中

    現在調整中

    現在調整中

    現在調整中

    現在調整中

    ご依頼の流れ

    お問い合わせ~契約~就労ビザ取得までの流れをご説明させていただきます。

    ① お問い合わせ

    就労ビザ申請に関する初回相談は時間無制限で無料です。事前にご予約頂ければ、時間外や休日の相談も可能です。
    まずはお電話かお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    ② 申込・相談

    現在のお悩みや問題点をお伺いし、就労ビザ取得に向けた方針をご説明致します。
    正式依頼の場合には、料金とお支払方法をご説明致します。

    ③ 書類作成/申請書提出

    当事務所にて、申請書類の作成および提出資料の作成・収集を行います。その後、各入国管理局へ就労ビザ申請を行います。

    ④ 許可通知

    入管管理局より通知が届きます。就労ビザ取得。


    当事務所アクセス

    事務所名 行政書士オフィスプロミネンス
    所在地 〒519-0503 三重県伊勢市小俣町元町739番地4
    アクセス JR宮川駅より徒歩5分
    代表者氏名 西川 徹
    TEL 0596-65-5265
    MAIL info@mie-viza.com
    営業時間 9:00~18:00
    休業日 日曜祝日